消費者金融審査start > 消費者金融を利用できる人 > 金融事故などを起こしていない人は消費者金融を利用できる

金融事故などを起こしていない人は消費者金融を利用できる

消費者金融でお金を借りる場合には、収入や勤務先、勤続年数などを問われることになりますが、もうひとつ重要なポイントとして、他のローンの情報や、過去に金融事故を起こしていないかということがあります。
 
住宅ローンや教育ローンなどの返済だけでもかなり返済が厳しくなっているような場合には、消費者金融でお金を借りましても、返済できない可能性が高いと見なされてしまいます。
お金がないから、消費者金融を利用すると思うのですが、消費者金融業者としては、金利とともに、しっかりと借金の返済をしてもらわなければ、事業が成り立ちません。
 
また、金融事故もしっかり判断されます。
金融事故とは、過去に、ローンの返済遅延を頻繁に起こしていたような人や、債務整理などをすることにより、借金の踏み倒しをしていたような、いわゆるブラックと呼ばれる人です
個人の金融情報は、信用情報機関という組織で管理されており、消費者金融業者などは、その組織に照会をすれば、全ての個人の金融取引情報が理解できるのです。
 
ですから、ブラックという烙印を押されているような人は、消費者金融などの、カードローンサービスやキャッシングなどは利用できないのです。
個人の金融情報などについては、誰にもわからないと思っているような人も多いと思うのですが、決してそうではありません。
 
そもそも、過去に債務整理などをした人が、改めて消費者金融などを利用すること自体が間違っています。
借金癖のある人は、すぐに改めなくはなりません。

このページの先頭へ