消費者金融審査start > 消費者金融を利用するにあたって > 金利が安い消費者金融を利用する

金利が安い消費者金融を利用する

消費者金融でお金を借りる場合には、より良い条件の消費者金融業者を利用することが大切です。
より良い条件とは、金利が安いことが最も重要な要素になります。
 
消費者金融と聞きますと、サラ金やヤミ金というイメージが強く、法外な金利の負担を与儀なくされて、破産しなければならないと思う人も多いはずですが、今では、法規制が強化されていますので、法外な金利を課す業者はほとんど存在しません。
 
利息制限法という法律があり、年利で上限が18%という基準が設けられています。(少額の場合は20%、高額の借金の場合は15%)
この金利水準をどのように捉えるのかは、人により異なると思いますが、預金金利が1%にも満たないような状態で、借入れをするだけで、上記のような高い金利を負担しなければならないということは、私は、とても高い金利だと思ってしまいます。
 
消費者金融業者と呼ばれる貸金業者の場合、利息制限法の上限金利を最初は課すことになります。
しかし、貸金業者(カードローンやキャッシング)には、さまざまな業態があり、今では、銀行本体がカードローンのサービスなどを提供している場合もあります。
 
どの貸金業者でも、即日審査・即日融資をしてくれる場合が多いので、上限金利を安く設定している業者を選択するとよろしいです。
金利が安い業者の筆頭は銀行のカードローンサービスです。
銀行の場合は、年利14%程度で借金をすることができるのです。
次項以降でも説明しますが、お金を借りる際には、業者をしっかり選択するようにしましょう。

このページの先頭へ