消費者金融審査start > 消費者金融を利用できる人 > 総量規制内ならば消費者金融を利用できる

総量規制内ならば消費者金融を利用できる

バツ消費者金融を利用して債務整理をする人が多く、社会問題化したこともあります。
消費者金融業者の金利がとても高く、金利の負担をするだけでも相当な努力が必要で、元本の返済がなかなかできないようなケースも多かったのです。
 
今では、利息制限法という法律の上限金利を守ることが消費者金融業者に適用されますので、以前ほど金利は高くないのですが、それでも、高い金利です。
消費者金融は、特に利用目的を問わず、いつでも何度でも利用できるというサービス
ですので、より借金をしてしまいがちです。
 
消費者金融業者にとっては、融資の金額が多ければ多いほど、金利収入を得られますので、収入や勤務先などを考慮せずに、どのような人でも、どんどん融資をすれば良いと考えるような状態でした。
 
しかし、収入が少なく日々の生活を送るだけでも精一杯のような人が、しっかりと返済できるはずがありません。
債務整理をする人が多くなりましたので、消費者金融を利用する条件が定められました。
それが、総量規制というものです。
これは、年収の3分の1以上の借入れはできないという法律
です。
年収の3分の1もの借金を消費者金融からしているような場合には、十分に債務整理をしなければならない危険水準だと思いますので、消費者保護のための、良い規制だと思います。
 
しかし、総量規制が施行された際に、すでに年収の3分の1以上の借入があった人は、その時点から借入ができなくなってしまったので、困った人も多いと思います。
返済をするために、新たな消費者金融業者からお金を借りようとしましても、融資をしてくれないのです。
総量規制の水準に達しても、お金を貸してくれる業者はヤミ金です。
決して利用しないようにしましょう。

このページの先頭へ