消費者金融審査start > 消費者金融の基礎知識 > 消費者金融利用=借金であること

消費者金融利用=借金であること

電卓安定した収入があり、定職にしばらく勤務しているよう人は、ほとんどの場合、消費者金融からお金を借りることができます。
収入が多ければ多いほど、借入れ限度額が多く設定されることが多いのですが、利用限度額まで利用してもかまわないと思うのではなく、あくまでも消費者金融を利用するということは、借金を抱えることだと理解しなければなりません。

 
クレジットカードなどは、一括払いやボーナス併用払いなどで返済をすることになるので、金利の負担をする必要はありませんが、消費者金融を利用しますと、かなり高い金利の負担をしなければなりません。
 
今では、利息制限法という法律があり、上限金利がかなり安くなりましたが、それでも、年利で18%もの金利負担をしなくてはならない
のです。単純に考えてみますと、1年間10万円を借りているような人は、1万8千円もの金利と負担することになるのです。(リボ払いは、借入残高に応じて課される金利ですので、単純計算はできませんが・・)
ただ借りているだけで、かなり大きな金利負担をしなければなりません。
そして、多額の借金をしますと、当然、金利負担額は高まります
ので、借りたお金はすぐに返済するように心がけなくてはなりません。
 
いつでも自由にお金を借りることができてしまう消費者金融のカードローンサービスやキャッシングを利用する人は、お金の管理をしっかりできる人でなければなりません。
そうでなければ、利用することは避けた方がよろしいです。

このページの先頭へ