消費者金融審査start > 消費者金融の借入れに関すること > 消費者金融を利用する場合には信用情報機関の情報を照会される

消費者金融を利用する場合には信用情報機関の情報を照会される

消費者金融会社に借金の申込みをしますと、消費者金融業者は、信用情報機関という組織に申込者の金融状況を照会することになります。
信用情報機関といっても、どういう組織なのか理解できない人も多いと思いますが、簡単に言いますと、全ての個人の金融取引情報を把握している機関だと思ってください。
住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなどの借入れ実績や、返済の状況、そして債務の残高がどの程度あるのかということが全てわかるようになっているのです。
 
ですから、万が一、金融事故(借金の踏み倒しや返済遅延など)を起こしているような人は、いわゆるブラックとして登録されてしまっているので、消費者金融業者は、お金を貸し出すことはできません。
 
また、前項でも説明しました通り、住宅ローンなどの目的別ローン以外の借入れは、年収の3分の1までしか借りることができませんので、総量規制を超えて借入がある時点で、それ以上の借入れはできなくなります。
お金を貸し出す金融機関は、信用情報機関に個人の情報を確認する権限が与えられています。
 
お金を貸しても、もし、返済ができないような人ですと、消費者金融業者も、事業が成り立たないのです。
ですから、ヤミ金などの余程の悪徳業者でない限りは、信用情報機関で、確認をされ、信頼のおける人だと判断されなくてはなりません。
ですから、誰でも消費者金融で借金ができるわけではないことを理解しておかなければなりません。
 
消費者金融に申込みをするだけで、その履歴も残ってしまいます。
たくさんの消費者金融に申込みをしてしまいますと、借りられるお金でも借りられなくなってしまう可能性も高いのです。

このページの先頭へ