消費者金融審査start > 消費者金融に借金の返済ができなくなった場合 > 消費者金融への債務をなくすために債務整理をする

消費者金融への債務をなくすために債務整理をする

資料を見る男性銀行でも消費者金融でも、借金は絶対に返済しなくてはなりません。
消費者金融で借金をしますと、とても金利が高いので、出来る限り消費者金融で借金をすることは避けなくてはなりませんが、どうしても現金が必要になるような場合には、即日審査で即日融資をしてくれる、消費者金融に頼ってしまうことになります。
その際には、計画的な返済をすることを心がける必要があります。
 
しかし、消費者金融を利用する場合には、収入や勤務先などを審査した上で、借入れ限度額がさだめられます。
基本的には、借入れ限度額までは、何度も借入れることができますので、ついついご自身の貯蓄を取り崩しているような感覚で、本来ならば、借金をしなくても良いのに、借金をしてしまう状態になってしまうのです。
 
しかし、消費者金融の金利はとても高く、リボ払いという分割の返済方法を選択しましても、借入れ総額が多くなれば、毎月の返済をすることも難しくなってしまいます。
毎月一定期日に返済をしなければならないのですが、返済を怠りますと、返済遅延の特別金利が課せられてしまいます。
そうなりますと、より一層、借金の返済に窮してしまい、多重債務者になってしまう可能性が高いのです。
多重債務者になり、返済ができなくなりますと、督促が来ることにもなりますし、取り立てを受けることにもなります。
 
ですから、将来的に返済できる目途がないと理解した場合には、すぐに債務整理の手続きをするべきです。
前項でも説明しました通り、法テラスなどを利用して、債務整理専門の弁護士や司法書士に依頼するのです。

このページの先頭へ