消費者金融審査start > 消費者金融の基礎知識 > 消費者金融の利用は危険?

消費者金融の利用は危険?

消費者金融業者は、かつてサラ金などと呼ばれたり、現在ではヤミ金と呼ばれる認可を受けていないような業者が存在することも事実です。
 
消費者金融でお金を借りる条件は、安定した収入があり、毎月指定日にはしっかり返済をすることが条件になります。
また、他のローンの支払額が多いような場合や金融事故(借金の踏み倒しや度重なる返済遅延)などを起こしている人は、消費者金融を利用することはできません。
 
消費者金融の審査を受け、融資をしてもらうことになりましたら、その後の消費者金融の利用については、お金に関する自己管理をしっかりしなければなりません。
 
消費者金融で借金をすることは、あまりにも簡単にできてしまい、豊富な利用限度額を設定してもらったような人は、利用限度額までは、ご自身のお金のようについつい利用してしまい、気が付いた時には、毎月の返済が難しくなってしまうこともあります。
一つの消費者金融業者から借入を受けている状態ならば良いのですが、借金を返済するための資金を準備するために、他の消費者金融に申込みなどをして、借入れをしてしまいますと、いわゆる多重債務者ということになってしまいます。
 
返済のために、新たな消費者金融会社に申し込みますと、新たな消費者金融会社でも、利用限度額が定められ、限度額までお金を借りてしまうような状態になる人は多く存在すると思います。
ですから、消費者金融からお金を借りる場合には、本当に借りなければならないお金なのかということをしっかり考えなければなりません。

このページの先頭へ