消費者金融審査start > 消費者金融に借金の返済ができなくなった場合 > 支払遅延の特別金利を追わなければならない

支払遅延の特別金利を追わなければならない

借金は、絶対に返済をしなければなりません。
お金を借りても、返済などどうでも良い、最悪踏み倒してしまえば良いと考える強者もいるようですが、絶対に借金から逃れることはできません。

 
借金の返済方法はさまざまです。
一括払いで返済をする場合や、リボ払いと呼ばれる分割払いを選択する人もいます。
消費者金融を利用する人のほとんどは、一括で返済できる収入などがないので、リボ払いの返済方法を選択する人が多いはずです。

 
しかし、消費者金融の金利は日割りで計算されますので、借入れている期間が長ければ長いほど、金利負担分が大きくなってしまいます。
 
ですから、前項でも説明しました通り、消費者金融でお金を借りる場合には、本当に借りなければならないお金なのかということを考えることも必要ですし、どうしてもお金を借りなければならない状態ならば、どのように返済するかという計画をしっかり立てなければなりません。

 
借金の返済期日は少しでも遅れますと、支払遅延のために、特別に高い金利が課せられてしまい、より金利負担に苦しむことになってしまいます。
そして、支払遅延の金利を負担するだけならばまだしも、数か月に渡り返済遅延をしてしまいますと、金融事故を起こした人という烙印=ブラックリストに載ってしまいますので、しばらくの間、お金の借入ができなくなってしまいます。

 
消費者金融から、小口の資金が借入れできなくなるならば良いのですが、本当に借り入れが必要となる住宅ローンなども利用することができなくなってしまうのです。

このページの先頭へ