消費者金融審査start > 消費者金融を利用できる人 > 勤務先が優良で勤続年数が長い人は消費者金融を利用できる

勤務先が優良で勤続年数が長い人は消費者金融を利用できる

女性消費者金融などの、カードローンサービスやキャッシングを利用する場合の条件として、安定した収入が必要だということは、前項でも説明しました。
 
安定した収入を得るためには、大企業などの優良企業や公務員など、会社がつぶれてしまうようなことのない消費者への貸付の方が、消費者金融業者にとっては、債権が担保されるので、比較的容易に多くの利用限度額を設定する場合が多いです。
 
また、今勤めている勤務先での、勤続年数も考慮されます。
いくら、今勤めている会社が優良であっても、例えば雇用形態が契約社員であるような場合ですと、いつかは辞めてしまう可能性もあります。
また、何度も転職を繰り返しているような人は、いずれは、転職をする可能性が高いと見なされますので、消費者金融業者にとっては、融資をするには、少々のリスクを伴うことになります。
 
そして、自営業者の場合も、しっかり勤務していても、倒産の恐れなどは回避できないので、中には、収入を証明する書類を求められることもあります。
初めて、消費者金融を利用するハードルは、それほど高くないと思うのですが、以上のように、しっかりと借金を返済できる人の条件として、勤務先や勤続年数、雇用形態などが問われるのです。
 
利用限度額は多ければ良いと考える人もいると思いますが、消費者金融でお金を借りることは、あくまでも借金で、多くの借金を抱えてしまいますと、返済ができなくなってしまいます。
ですから、簡単に借金ができる消費者金融の利用額は、あえて、低めに設定することをおススメします。

このページの先頭へ