消費者金融審査start > 消費者金融の借入れに関すること > 利息制限法により、消費者金融の金利は下がった

利息制限法により、消費者金融の金利は下がった

電球消費者金融と聞きますと、良いイメージがないと思います。
現に消費者金融を利用して、多重債務者になってしまったり、債務整理をして、財産を全て失ってしまうような人もいました、今でも、そのような人ももちろんいますが、昔に比べますと、消費者金融のイメージはかなり改善してきたと思います。
 
まずは、消費者金融でお金を借りましても、金利が安くなりましたので、気軽に利用できるようになったことが大きな要因だと思います。
過去は、消費者金融業者に課せられて法律は、出資法という法律でした。
  
上限の年利が29%もの高い金利でしたので、少しでもお金を借りてしまいますと、とんでもない金利負担をしなければならないような状態でした。
それにより、債務整理をする事態がたくさんありましたので、国が、金利を安くするような法律を定めたのです。
それが、利息制限法という法律です。
住宅ローンや教育ローンなどの目的別ローンが数パーセントに対して、利息制限法の上限金利は相変わらず18%と高いのですが、以前に比べますと、とても敷居が低くなったと思うのです。
 
また、法外な金利を課するサラ金やヤミ金などの強引な取り立て行為も禁じられたことも消費者金融を利用する敷居が低くなった理由のひとつだと考えられます。
また、過去から消費者金融で高い金利を負担してきた人は、過払い請求といい、現在の利息制限法の金利に精算しますと、余分に支払った金利分の返還を受けることもできるのです。
 
しかし、消費者金融でお金を借りることは、決して金利負担を逃れることはできません。
ですから、余程のことがない限り、消費者金融で借金をすることを避けなくてはなりません。

このページの先頭へ