消費者金融審査start > 消費者金融の借入れに関すること > 中小企業の経営者が運転資金として消費者金融を利用する

中小企業の経営者が運転資金として消費者金融を利用する

企業の運転資金については、日本政策金融公庫などを利用して、運転資金や設備資金を安い金利で借入れ、長期に渡り返済をすることも可能ですが、
中小企業の資金繰りは、とても厳しく、不渡りなどで会社を倒産させてしまうような状況になりますと、なんとか、運転資金を確保したいと思うので、消費者金融業者から借入れをするようなケースになることも考えられます。
 
仮に、日本政策金融公庫などで国の支援を受けることにより、融資を受けることができる可能性があったとしても、審査にとても時間がかかり、すぐに必要な運転資金を確保することはとても難しいのです。
町の銀行として、信用金庫などもあるのですが、運転資金となりますと、しっかり事業計画や利益計画などを提示して、納得してもらわなければなりません。
 
また、銀行からお金を借りることになりますと、銀行側が融資のリスクを抑えるために、県や市の信用保証協会という機関を通じて、融資の申込みをしなければならないような状態にもなります。
  
ですから、なんとか運転資金を確保するために、即日審査をして即日融資をしてくれる消費者金融にお願いをすることになるのです。
消費者金融を利用する場合でも、職業や年収などを確認されることになりますので、すぐに多額の資金を貸してくれる可能性は高くはありません。
 
金利が高いので、消費者金融からお金を借りるのは、よろしくないと思うのですが、中小企業の経営者にとっては、会社と社員を守るために、金利を支払ってでも、消費者金融からお金を借りてしまうのです。

このページの先頭へ