キャッシング 貸し入れ

消費者金融のキャッシングと審査について

消費者金融 審査お金を借りる時、消費者金融のカードローンでキャッシングするというのは一つの選択肢になると思います。

安定した収入と、安定した勤務先で、過去に金融事故を起こしていないような人は、思っているよりも簡単に消費者金融の審査に通り、借り入れをすることができます。

消費者金融のカードローンは担保や保証人が必要になることもなく、一度カードが発行されれば、利用限度額までは、何度でも利用することができるのです。

昔は取り立てなど怖いイメージがあった消費者金融ですが、現在では大手銀行系のファイナンシャルグループに属している所が多く、安心して利用することができます。

消費者金融の審査は、氏名や年齢、年収、職業、役職、家族構成といった個人の情報や、信用情報機関から得られる返済状況や他社からの借り入れの有無、いつ・どこから・いくら借り入れしたのかなどの信用情報を使って、各社の基準で審査されます。

なお、申し込みの記入の際に絶対にしてはいけないのが、嘘をつくことです。
消費者金融の審査ではまず間違いなく嘘だとバレますし、そのことによって信用がなくなってしまい、審査に通りにくくなってしまいます。

どこの消費者金融でキャッシング申し込みをしようか迷っている方は、選ぶポイントをまとめましたので、ご自分に合う消費者金融を選んで下さいね。

消費者金融の審査基準を確認するポイント

消費者金融の審査に申し込みする前に確認しておきたい点は

・金利
・総量規制
・審査の時間の早さ
・利便性
・在籍確認

などについてです。

消費者金融で借りる際、特に気を付けなければいけないのが総量規制の問題です。
借り入れ金額は他社からの借り入れも含めて、収入の3分の1までということが法律で定められているので、注意しなければなりません。

利便性も大事なポイントです。
借入・返済などの時に、提携銀行のATMやコンビニのATMが利用出来るといつでもどこでも利用することができます。
それぞれの消費者金融によって、利用できるATMが違うのでチェックしましょう。

お金を借りるのを、家族や他人には内緒にしておきたい時もあるかと思います。
そんな時、在籍確認のことは確認しておいた方が良いでしょう。

ネットでのお申込みだと、在籍確認なしで電話連絡や郵送物がないように、申し込み確認の電話や備考欄で伝えておけば、在籍確認なしで借り入れできることがあります。

電話での在籍確認があるところでも、消費者金融の名前は出さずに個人名でかかってくるので、バレずに借り入れすることができます。

消費者金融のカードローンも上手く付き合えば便利に使えて、困ったときの強い味方となってくれます。

消費者金融カードローンと目的別ローンの違い

消費者金融 審査日本の経済情勢は好転したと言われていますが、一部の大企業などの業績が上がっただけで、中小企業の経営状況は決して好転しているわけではありません。

消費性の増税などで、家計が圧迫されているにもかかわらず収入が増えないので、以前よりも生活に窮している人も多いはずです。

なんとかご自身の収入で、生活を成り立たせるようにしたいと考えると思うのですが、急な出費などがあるとどうしても借金をしなければならない状況に陥ってしまう人もたくさんいます。

借金と聞くとまず思い浮かぶのは、住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなどのように多額の融資を受けるローンです。これらのローンを目的別ローンと言います。

銀行などから借入れをする場合も、お金を使う目的が決まっており、金利の負担分が少ない場合が多いです。また、提出書類が多く審査にも時間がかかるのが特徴です。

しかし目的を問わず、すぐに現金を入手したいという人もいるはずです。
そのような人は、カードローンやキャッシングと呼ばれるサービスを提供している、消費者金融などにお金を借りると良いでしょう。

銀行に比べると、消費者金融は審査が甘いといわれており、審査時間も最短30分などスピーディーですし、条件によっては即日融資も可能です。
審査で決まった利用限度額まで自由に借入や返済ができ、何に使っても大丈夫です。

数万円程度の少額から融資を受けられる上、初回利用なら無利息期間を設けている消費者金融も多いです。

カードローンの審査に通らない原因とはなにか

カードローンの審査に通らない原因として考えられるものに、過去に起こした問題が挙げられます。

返済の遅延が2、3か月続いたり、返済できずに債務整理すると、個人信用情報機関に5年間記録されます。
この個人信用情報機関の記録はカードローンの審査で参照されるため、信用を得られなくなります。

また、5年間経てば個人信用情報機関からは記録が消えますが、利用していたカード会社では記録を残しているので、同じカードローンに申し込んでも通りません。
注意しなければならない点として、異なるカードローンでもこの影響を受けてしまうケースがあります。
銀行の場合は、保証会社として消費者金融などを使っているため、この保証会社にも記録が残ります。
そのため、その保証会社が関連するものは通らなくなります。

個人信用情報機関には申し込みの記録も半年間残ります。
厳しいところでは短期間に連続して申し込みを繰り返すと通らなくなるので、申し込みの間隔は数日間は空けた方が良いでしょう。

また、厳しいところでなくても審査に通らなかった後の申し込みでは通りにくくなります。
問題のある利用者であると警戒されてしまうので、他に通らない要因が思いつかない場合は半年間待ってから申し込むようにします。

個人信用情報機関にはカードローンの利用状況も記録されています。
これによって借り入れ総額も把握できるので、消費者金融の場合は年収の3分の1近くまで借り入れがある状況で申し込みをしても総量規制の制限があるので通りません。
総量規制の対象外である銀行でも返済能力を見るため、現在の借り入れが高額であれば通らなくなります。

また、借り入れ総額が少なくても借り入れ数が多いと警戒され、5社以上から借りていても通りません。
返済能力に関しては収入も重要ですが、安定性の方が重視されるので、勤続期間が短い場合には収入が多くても審査で不利になります。
1年間は継続して勤務しておいた方が良い でしょう。

また、カードローンは収入が安定していればアルバイトやパート、水商売などでも利用できますが、厳しいところではこれらは安定していないとして利用できないこともあります。
利用条件に記載されていることもあるので、確認しておきましょう。

このページの先頭へ